ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2021年4月15日木曜日

省エネ基準に適合しています ◇呉市|江田島 注文住宅

高橋工務店のお家は『省エネ基準に適合しています!』













2021年4月から、「省エネ説明義務制度」がはじまりました。


内容としては、4/1以降に設計依頼を受けたお家を対象に

建築士がお施主様に

「住宅の省エネ化について省エネ基準を満たしているかどうか」

説明を行うことが、国土交通省によって義務化されたという制度です。
















お家の性能を計算・評価して、基準に適合している旨をお伝えします。

説明の義務化 だなんておかしな文言ですが。。。省エネは義務です!



近頃は温暖化や異常気象への対策として

住宅にも環境に配慮した「省エネルギー化」が求められています。




住宅の省エネ基準には

外皮基準と一次エネルギー消費量基準のふたつがあります。

■外皮基準とは 

 屋根や壁など断熱性能に関する基準(高断熱窓、断熱材、軒を伸ばして日射を遮蔽など)

■一次エネルギー基準とは 

 住宅内で消費されるエネルギー量に関する基準(冷暖房設備、LED照明など)


高気密・高断熱で作られた家は

💮暖房や冷房が効率的に使用でき家計に優しい。

さらに高効率なエアコンや設備を使用すると

💮エネルギーの使用量が少なくなるので環境にもプラス。

また高気密高断熱住宅は、部屋の温度差が少ないので

💮快適に過ごせて健康に。

断熱性能の低い家は、結露によってカビやダニも発生しやすくなりますので、

毎日暮らす家なので快適に暮らせる事も大きなメリットになります。


高気密高断熱住宅で、省エネ性を兼ね備えた住宅は、

これからの日本の住宅のスタンダードになっていくはずです。


もちろん、省エネ住宅仕様にするという事は費用がかかるという事ですが、

初期コストがかかっても家族のために、長く快適に住み続けるために

良いお家を作りたいという想いは皆さん同じ。

高橋工務店では常に基準に適合している当たり前のお家のご提案をさせて頂きます。



今は新築時の省エネ住宅における補助金などもありますので

省エネ住宅にしない理由がありません!

(補助金も今後どうなるか分かりません…💦)




ある程度建てる方も勉強が必要ですが、

提供する側が当たり前に省エネ住宅を造っていれば

どの住宅でも安心してお家を選べますね。


これからも良い家をつくっていきます!


省エネ住宅について詳しくは国交省HPへ

マンガで分かり易く教えてくれます!