ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2021年8月26日木曜日

360°バーチャル見学 ◇呉市 江田島市 東広島市 注文住宅

ひさしぶりのお日さまです🌤

最近ちょっと涼しくなってきたのは、嬉しいのですが

暑さがあっという間で、ちょっと物足りなさも感じます。

まだ少し暑さが戻るかな?


コロナの感染拡大に伴い、

広島県でもまん延防止等重点措置の適応から

緊急事態宣言に切り替わるそうで…3度目の緊急事態宣言です。

今年の夏も『最後の我慢』ということでしたが、

マスクの夏は変わらずで、窮屈な思いもありますね。


おうちづくりを考え始めた方々も、外出自粛ということで

モデルハウスなどの見学に行くハードルも高くなっているのではないでしょうか。


そこで、最近多くなっているのが、画面上でのバーチャル見学です。

動画で工場見学もあったり、リアルな雰囲気を楽しめます。

カゴメのバーチャル工場見学、楽しいですよ(^^♪🍅


住宅会社としても、バーチャル見学できるお家の画像が増えてきました。

こういった企画は、いつでも・どこでもオンラインで内見が可能なので

とても参考になりますね。

高橋工務店では、古民家リノベーションのモデルハウスを

バーチャル見学をすることができます。


ママライクホーム 360°バーチャル見学












ママライクホームさんは広島の住宅会社を紹介するサイトですが、

こちらに、いくつかの住宅会社の施工事例や

360°バーチャル見学できるモデルハウスがたくさん掲載されていますので

色々ご覧頂けると思います。



まるで実際にモデルハウスにいるかのようなリアルな雰囲気を

体験できるので、ぜひご覧ください~☆彡




2021年8月20日金曜日

パッシブデザインハウス ◇呉市 江田島市 工務店

パッシブデザインとは、太陽の光や風といった、

自然の恵みを家の快適さに活用する手法のことです。


たとえば、

・暖かい空気は下から上へ移動する

・冷たい空気は上から下へ移動する


・太陽の光は季節により、その角度を変える


などの自然の法則を利用し、心地よい家を作ります。

































開放的な間取りによって水平、垂直方向の通風ルートを確保し、


夏の夜間や中間期などは風を通して快適な室内環境を作ります。


・窓を対角線上に設ける

・窓に高低差をつける


高断熱化した住まいの暖房方式として輻射式の暖房方式を採用し、


上下温度差の少なく気流が生じにくい温熱環境を創出します。












サンルームとインナーバルコニーは、室内側と区画した状態で自然換気できる


ルートを確保し、夏の外出時の熱的な緩衝ゾーンとして活用します。


冬期は、大型開口部を設置したサンルームを室内側に開放することで、


心地よい日だまりの空間を創出するとともに、タイル張りの床が


補助的な蓄熱層となり、夜間の暖房負荷を軽減します。



















高性能サッシによる大型開口部と開閉可能なサンルームによって、


開口部が室内に与える熱的な影響を最小限に抑え、太陽エネルギーを


穏やかに活用した開放的な間取りになります。













その他の写真もごらんください。


more picture



2021年8月17日火曜日

今日も雨予報です◇呉市 注文住宅 工務店

長雨の影響でどんよりした日々が続きます。

こんなに涼しい8月が続くことなんて今まであったっけ?

おうちではエアコンいらずです。


しかし、大雨警報は今日も朝から発令されています☂☂☂





















全域が警報…💦💦💦


九州付近に停滞していた雨雲が北上し、

西日本、東日本に記録的な大雨をもたらす所もあるようです。

呉も朝は小雨だったのですが、

昼にかけてだんだんと雨脚が強くなってきた感じもします。


大雨に備えて家の周りの点検をしておきましょう。

雨樋に破損や割れなどの異変はないか?

庭木の様子を見たり、鉢植えの移動も必要です。

道路の側溝や雨水ますを、板などでふさいでいないか、

詰まりがないかも確認して、うすいがどのように

流れるのかも知っておくことが大切ですね。





全国で被害が広がらないことを願うばかりですね。


2021年8月7日土曜日

自然素材の外壁 そとん壁の風合いと質感◇呉市 東広島市 注文住宅 工務店

猛暑の中、

順調に現場が進んでおります(^^)/


外壁の左官工事の様子です。


外壁材は、お家の外観のイメージを大きく左右するので、

家づくりを検討中の方は悩まれている方も多いのではないかと思います。















こちらの現場では、自然素材の外壁材『そとん壁』を

採用して頂きました。

塗り壁で、左官工事になります。この外壁材は

施工にすごく手間がかかるので、とっても大変なのですが

風合いと質感ある素材で、それを手仕事によって仕上げていく事で

もたらされる何とも言えない美しさがあります。



















波型のラス網によくからまるように、しっかりと抑えて塗ります。

平らに塗り均していきます。




自然素材の塗り壁材は、施工時の気象条件もとても重要です。

施工中や施工後の降雨や気温に左右されます。


素材の成分が表面に滲み出て白い花が咲いたような状態、

「白華現象」というものがおきてしまいます。


雨が少しでも降ったら即中止!!と現場監督の指示でしたが、

雨も降らず、好天に恵まれて白華のリスクは最小限に抑えることができました。



下塗り過程が終了したら、養生期間を経て上塗りにすすみます。















下塗り材の上に、上塗り材を塗り広げ均していきます。

出隅や入隅も丁寧に整えていきます。



その後、仕上げ工程です。

仕上げ用のかきおとし器(剣山のようなもの)でガリガリと

模様をつけていきます。















たくさんかき落とされています~

外壁を塗りなれた熟練された技術がある左官屋さんでないと施工は難しい素材です。




















かき落とし終了!風合いが増し増しでとても美しく仕上がりました!

サイディングのように継ぎ目がないので見た目にもとても美しい仕上がりです。


長く愛着を持ってお付き合いできる外壁材です!



2021年8月6日金曜日

日よけで暑さ予防 すっきり快適な暑さに◇呉市 東広島市 注文住宅 工務店

こんにちは(^^)/

8月になり、子供たちの夏休みも2週間以上過ぎました。

は、はやい…😲



危険な暑さが続いているので外では

あまり子供たちの姿も見ません。

今の子供たちは外で遊ぶこともできず

かわいそうですよね。


学校の授業で行う小学校のプールもコロナの感染予防のため

中止でした。

夏休みのプールももちろん中止…

授業とはちがう、夏休みの学校のプールって自由で楽しかったので

ちょっと残念です。













今年はお家でプールをしているお宅をよく見かけます。

カラフルプールがちらほらみえます(^^)

いいですね~♪

暑くても子供は外で遊びたがりますが、


でも外は日差しがとにかく暑い((+_+))



やっぱり日よけが必要です。タープテントや自立式のパラソルなど皆さん

工夫されています。

シェード・タープを家の窓や庭、ベランダに設置するだけで日差しや紫外線の

カットができて、目隠しの役割も果たして、より快適に過ごせるようになります。


あと、このようなシェードも。











LIXILのスタイルシェードはサッシやデッキの天井に手軽に取り付けできる製品。

窓の上のボックスからさっと引き下げるだけなので操作が簡単。

使わないときはボックスの中にしまっておけるので邪魔にならず便利です。

よしずやすだれはいちいち外さないといけないが、手間ですよね。


太陽の熱を窓の外側でカットして、室内の温度を心地よくキープ。

冷房費をグッと軽減でき、室内熱中症対策にも効果的です。

夏の暑さをすっきりさせて、家の中でも快適にすごせます。






今年の夏休みもいつもとはちがった夏ですが、

子供達には何か夏の思い出を作ってあげなければな~と

思います。

宿題も計画的に((+_+))