ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2020年12月28日月曜日

年末のご挨拶◇呉市 工務店 注文住宅

本年は大変な年になりましたが

多くの方に支えられ、無事年末を迎える事が出来ました。
 
 
新築やリフォーム等ご依頼頂きましたお施主様をはじめ、
 
OBの皆様、協力業者の皆様、
 
見学会等に参加していただいた皆様、事務所を訪ねて来てくださった皆様、
 
ホームページ・ブログ・SNSをご覧いただいている皆様、
 
本当に多くの皆様に大変お世話になりました。
 
 
 

そして、今年も多くの方とご縁があったことを、社員一同心より感謝申し上げます。

 

 

 

高橋工務店では、

 

12月28日(月)大掃除

 

12月29日(火)~1月5日(火)までお休みを頂き、

 

1月6日(水)から通常営業となります!

 

 

 

お休みの間にお問い合わせ頂いた資料請求等につきましては、

 

新年1月6日以降にご対応させて頂きます。

 

 



 

 













来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

それでは皆様、よいお年をお過ごしください😊

2020年12月25日金曜日

大切な手洗い どこでも手洗い ◇呉市 工務店 注文住宅

 コロナウイルス感染がまた増えてきているようです。。。


自宅に帰ってきたら玄関先などでアルコール消毒を使って

手指の消毒をするという方は多いと思いますが、

ウイルスに対しては石鹸と水での手洗いが一番!

できる事ならすぐに手を洗ったほうが

家の中にウイルスを持ち込みにくくなります。


そこで、おすすめなのがLIXILの「どこでも手洗い」!


家の中のお好きなところに手洗空間を作ることができます。














よくある洗面は存在感のある大きめサイズで玄関ホールが狭くなりますが

どこでも手洗いはオシャレな陶器でできた洗面ボウルに、

テイストに合わせたカウンターがタイルと木製からお選びいただけて

コンパクトでとってもスタイリッシュ。










限られた空間でインテリア魅せる手洗い。

手洗いが必須となったこの時期には

ちょっとした手洗いがあれば家族以外の方もお気軽に使用して頂けると思います。


玄関から、すぐ手洗いがある間取りもご要望が増えてきそうです。



手洗いうがいで感染予防をしっかりしましょう!






2020年12月21日月曜日

こころもカラダもスッキリ!大掃除 ◇呉市 注文住宅 工務店

今年は大変な年になりましたが、


やはり、年末といういのは少しそわそわします。


大掃除もしないとなーと思いますね…。


家の中が片付いていて清潔な状態は、

安全で健康的な生活につながります。



















今年は消毒・除菌をとても意識しましたね。

掃除のやり方が間違っていると

きれいにならないばかりか、逆に汚れや菌を拡散させてしまう可能性も。


汚れや菌が健康を損なう危険もありますので、

健康を守るためにも掃除の実践が大切です。


細菌やウィルスはアルコールで消毒する事で減らせます。

換気で空気の流れをつくり、ホコリなどが家の中にとどまったままに

しないようにする事も大切です。


建築基準法で義務付けられている24時間換気の換気扇は

外気を取り入れて室内の空気を外へ出していますので、

換気扇の廻りはホコリがたまりやすく

より丁寧な掃除が必要です。


24時間換気の換気扇や、エアコンなどのフィルター掃除は念入りに

しましょう。



年末の大掃除だけでなく、毎日❝ちょこちょこ掃除❞が出来たら

一番いいのですが(^_^;)。

安心快適な家で気持ちよく年越しをしましょう~(^O^)/





2020年12月18日金曜日

ミニ講義を行いました~(^O^)/◇呉市 工務店 注文住宅 町の工務店

こんにちは!

すっかり寒くなり

あっという間に年末が見えてきました!🙀


先日、広大の大学院生の方々が

社長のはなしを聞きに事務所にお越しくださいました。


工務店実勢調査を広島県工務店協会と

共同研究されているそうです。


色々な取り組みがありますね。















主に住宅のメンテナンスの業務内容の詳細についての

ヒアリングでしたが、

工務店としての住まい手との関わり、

住宅で発生する不具合、

会社で関わっている地域活動などについての

話などなど


社長も熱く語り、皆さんも熱心に聞いてくれてました。

φ(..)メモメモ


熱心でフレッシュ(*^_^*)



高橋工務店が標準としている、長期優良住宅の建物について。

構造や温熱環境など。

維持管理についても配慮し、定期的にメンテナンスを行うことで、

長く快適に住まい続けられる事が最大のメリット。

そのための素材選び。


などなど、社長もトークがとまりません!

色々習得して頂けましたか(*^_^*)



未来に羽ばたく生徒さんに工務店の素晴らしさを伝え、

就職先として選択肢の1つになれば

工務店にとっても大きな力になります。

楽しみです!(^^)!



2020年12月15日火曜日

12/18(金)発売!『東広島・備後での家づくり』雑誌掲載のお知らせ◇呉市 東広島 注文住宅 工務店

 




12月18日(金)発売の「東広島・備後での家づくり 」


家づくりの情報雑誌に高橋工務店も掲載されました(^^)/


これからお家づくりを始める方に是非読んでいただきたい雑誌です!


家づくりの基本が学べる知識がたっくさん詰まった1冊になっております。

段取りから土地探し、会社選びのコツや

お金のはなし、ローンの借入術も!

火災保険まで!あれもこれも!



さらに多くの施工事例も掲載されており、読み応えたっぷり!

教科書のように長い期間使える雑誌だと思います。

なんと440p程あり、お値段なんと550円!これはかなりお得です!

めちゃくちゃ参考になります( ..)φメモメモ


これから家づくりをお考えの方必見です!

本屋さんや、Amazonでも購入可能です♪

 www.amazon.co.jp/dp/4906619827


良かったらチェックしてくださいね!!!


雑誌を発行している家づくり学校では、

個別相談やセミナー・体感ツアーを通して

家づくりの正しい知識を身に付けるサービスを提供しています。

(お家を建てる会社ではありません。)

東広島市西条に、相談カウンターがあり、そちらの会場では

色んなセミナーや勉強会が開催されています。

セミナー等で知識を習得した上で

希望に沿った会社を提案・紹介してくれますので、

自分たちが求めている家づくりに合った工務店に出会えます。

ぜひこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか(*^_^*)

家づくり学校 東広島校

東広島も施工エリアなので、高橋工務店もどうぞよろしくお願い致します(^O^)/


2020年12月8日火曜日

現代の郊外団地になじむ日本建築の佇まいを持つ家~地域の暮らしを楽しむ住まいのアイデア~

■DATA  趣楽の家

所在地:呉市
家族構成:5 人(夫婦+子ども3 人)
敷地面積:299.41㎡ 延床面積:133.02㎡
1 階面積:84.27㎡  2 階面積:48.75㎡
断熱性能:Q 値2.49W/㎡・K(※) 気密性能:0.76㎠ /㎡
設計:高橋工務店 施工:高橋工務店

※断熱性能は、UA値で計測する前の指標であったQ値で測定をしています。

 

瀬戸内海にも近い広島県呉市は、海と山の自然に恵まれた地域。その郊外に発展した町・焼山は標高200mにあり、冬の寒さが市内よりも厳しく感じられるようです。O様の家族が暮らす家も、周囲には緑があり、街並みもどこか穏やかさを見せる環境。京町家をイメージしたという外観は、どこか懐かしく、以前からそこに息づいていたような印象です。敷地は90坪の広い長方形に近い土地。北入りの玄関、南側の配棟という理想的な条件を備え、和と洋のいいところを、これからのライフスタイルになじませたいO様の要望も、実現することができました。ハウスメーカーの画一的な家が増え、昔ながらの伝統建築を知らない世代も生まれる中、改めて日本の文化や伝統建築を新鮮に思う、O様のような方も少なくありません。今回のこだわりも、平屋に見えるプロポーションや美しい格子を特色とする、京町家風の家づくり。この日本建築を生かした外観から、建物内の間取りを考えていったというO様。木と漆喰の自然素材を取り入れ、今の暮らし方にも合う断熱性能を設計した家は、日本人の知恵と美意識を住み良さへ生かすお手本と言えそうです。


強い日差しを遮る深い軒を設けた玄関。日陰をつくりだすことで夏は涼しく、まわりを囲むことで冬の暖かみも実感

目隠しとなる格子の奥には、自転車なども置ける空間を確保。上がり部分のスギ板が、石と砂の道を心地良く切り替える。夜になり照明が灯れば、玄関先と高い位置の窓がやわらかく光のぬくもりを見せ、昼間と異なる表情と印象美を楽しませてくれる

【高断熱高気密で家族の開放空間を実現】
和風建築の外観から、家の中へ迎えられると、和と洋のテイストを巧みに調和させた生活空間が広がります。開放感あふれるLDKを確保したとき、心配なのが断熱性や冷暖房効果。O様の住まいは家のすみずみまで温度が均一に保たれるスーパーウォール工法を採用しています。グラスウールの倍という断熱性を持つ硬質ウレタン、高性能断熱パネルを使う工法ですが、施工品質を上げ、さらにハイレベルな次世代省エネ基準をクリア。地域特有の日当たりや窓の高さ、エアコンの位置、吸気・排気の循環などを計算して、自然エネルギーを活用するパッシブデザインの家に、O様からも高い評価を得ています。実際に暮らしながら、温度・湿度や光熱費などの数字も記録し提供され、実証データとして使われているそう。こうした先進性能に加え、家族への視線まで配慮したキッチン、顔が見えるリビング階段、オープンな子ども部屋など、住む人の絆を深める設計も忘れません。

梁を見せる天井、開放的な階段、スギの床と造作建具が和モダンを演出(左)。家族が並んで使える洗面台はアイロンがけにも便利(中)。高い勾配天井の子ども部屋は、間仕切りすれば将来2部屋になる(右)


断熱・気密性能を高めた住まいでは、温まった空気や熱を外へ逃がす開口部がポイント。温められたり、熱くなったりした空気は高いところに溜まるため、階段上へ排熱窓が設けられています。窓は最小限の隙間で空気を排出できる横すべり窓。開けているときに雨が降り出しても、家の中に入り込みにくいのが特長です。暗くなりがちな階段では、採光を兼ねた窓にもなります。堅くて強いタモ材の手すりなど、階段上の見映えと機能性にもこだわりを配した家です。

【和と洋のテイストを調和させた生活空間】
和風好みのご主人、洋風志向の奥様、それぞれのご希望をかなえた和モダンのインテリア。それは見た目の演出だけでなく、生活に便利さを生むデザインです。例えば玄関を入ればすぐに廊下というつくりではありません。ウォルナット扉は家族用、格子の造作扉はゲスト用、2つの出入口に分かれ、玄関床は土間風のたたき床に飛び石を配して、和の遊び心も演出。ゲスト用の扉からはリビングヘ、家族用の扉はクロゼットと書斎につながるよう、間取りの動線も工夫されています。キッチンは奥様が希望された対面式。造作カウンターに市販のカゴを収納として置くなど、センスの良い生活感をさりげなく。奥の空間を利用したパントリーは、冷蔵庫も隠したい奥様のこだわり。キッチンの床は磁器質のタイル、洋の素材もすてきなアクセントです。
和と洋のテイストが程良く調和した空間は、参考にしたい見どころがいっぱい。例えば照明やニッチも個性的な和モダンの玄関、扉で仕切らずに空間の奥行きを活用したキッチンパントリーなど、広さを無駄なく使えるようデザインされている


【冬の日射を利用した陽だまり空間】
シンプルな壁は吸湿効果に優れた漆喰。家に特有のにおいを吸収するメリットもあります。床には節目が美しいスギ材を使い、場所により塗料で色味が変えられています。キッチンに立つ奥様からは、広いLDKが見渡せ、庭に設けたウッドデッキも見える窓を設置。天井の現し梁は米松、掘りごたつに合わせた座卓はスギの天然板。家族がごろりと横になれるフロアスタイルの暮らしを、体に優しい自然素材が包み込んでいます。
LDKで目を引くのは、フチなし畳の和室コーナー。吹き抜けを生かして天井を高くして、開放感をだしました。古材を構造梁として使用し、日本家屋らしさを演出しています。また高断熱高気密なので、室温はいつもむらがなく、気持ち良く過ごせる家族が集まる場所となっています。和と洋が響き合うインテリアに、暖かい日差しが窓の形を描きながら入り込み、幸せな笑顔も想像させてくれる家です。
和室、リビングダイニングの延長線のようにつくったウッドデッキ。大きくせり出した 軒のおかげで、夏の強い日差しを遮り、冬は日射を取り入れてくれる。小上がりの和室コーナーは、天井に丸太の皮をはいだ梁を見せる趣向。リビング扉の格子、障子風のアクリル窓も、情緒と落ち着きを醸し出す






 

2020年12月7日月曜日

気密測定を行いました!◇呉市 東広島 注文住宅 工務店

おはようございます。


空気が澄んで気持ちの良い青空です!

でもやっぱり風が冷たいですね~





先日、現場で気密測定が行われました(^O^)/

今回は隙間相当面積C値0.19でした。

弊社の中でもかなり優秀な方になります。














気密の重要性や、C値の意味もだんだんと認識されてきました。

気密測定をすると、

延床1㎡あたり、どれくらいの隙間があいているの?

という事がわかります。

数値で表されますので、性能の目安になります。



気密性の低い家というのは、

隙間風があって、花粉やほこりも入り放題

寒くて換気も不十分だと暖房も効かず

とても住みにくいお家になってしまいます。


気密測定でわかるC値などは、小さい程良いとされています。

これからのお家は性能が必須ですから。

ちょっと覚えておきたいですね。


ただ、気密を測定するだけでなく、家の隙間を見つけて

外から入ってくる空気の侵入口を探して埋めたり

気密を上げるよう施工します。


今回の現場もとても良い数値!!


良い数値は大工さんへの励みにもなります。


このまま丁寧な施工をお願い致しました!(^^)!


ご安全に!よろしくおねがいしますm(__)m

2020年12月4日金曜日

土地探しと同時に・・・ ◇呉市 東広島 工務店 注文住宅

土地がない方は、土地探しから。

まず土地を見つけなければ!


と思いますが、、、自分達だけで見つけて

決めてしまうのはちょっと待った! です。


ぜひ しゃちょうの意見を聞いて下さい!!(^O^)/





まず、どんな家に住みたいかイメージを固めて

資金計画をします。

その中でどのくらいの予算かが見えてきます。


希望の建物に適した土地かどうか、法規制や敷地条件も調べます。

○○区域など、制限がある土地もあります。


建築に適した土地を出来るだけ安く買ってほしいという気持ちは

お客様と同じです。



一緒に現地を見て、環境や方位などを一緒に確認しましょう!🙆




どこの会社で建てたいか、

すぐには決められないと思いますが、

建築条件付きの土地のは、

建てたい工務店、住宅会社を選べません。



SUUMOなどのサイトで、新着の土地はないかと検索するのが簡単ですが、

地元の不動産屋さんは秘蔵の土地を隠し持っているかもしれません!

これから売りに出す土地など…

不動産やさんは、ちょっと敷居が高い気もしますが

社長の知り合いなどに聞いてくれますよ♪


高橋工務店で建てると決めてなくても大丈夫です。


検索サイトに載っていなくても、

住みたいエリアをまわって

空き地があれば住所を覚えて

持ち主はどこか調べたり、

空き地のまわりのご近所さんに情報を聞いてみたりするのも手です。



とにかく労力がいりますが、


色々相談しながら


ぜひ一緒に希望に合う土地を探しましょう~!(^^)!

2020年12月1日火曜日

地鎮祭 ◇ 呉市 東広島 注文住宅

 先週ですが、


呉市にて地鎮祭を執り行いました。

N様、地鎮祭おめでとうございます!

















地鎮祭は名の通り地を鎮め、土地の神様に挨拶をする儀式です。

肌寒い日ではありましたが、とっても良いお天気でした。


神主さんが四隅に切麻により、お祓い清めます。




















神主さんにていねいに教えて頂きながら


順調に執り行う事ができました。


皆で神様に安全祈願をお祈りいたしました。




ほどんどのお客様にとって、お家づくりは一生に一度の事です。

1つ1つのイベントが思い出に残って頂けたら幸いです。


ここから土地を整備し、基礎工事へすすんで行きます。

完成までみんなで楽しみながらしっかりと工事を進めてまいります。

どうぞよろしくお願い致します!(^^)!




2020年11月24日火曜日

長い在宅期間・・・自宅で過ごす時間を快適なものに◇呉市 注文住宅 工務店

 こんにちは。


朝晩冷えますが、日中は春の陽気のようにあたたかいです。

だんだんと気温がさがるそうですが、見上げたら気持ちの良い青空です!


紅葉狩りにも良い季節ですが、

コロナ感染者が

連日過去最高の人数になり(>_<)

警戒レベルが引き上げられます。。。


なんだか行楽気分にもなりきれないですね😞



おうち時間が増え、いままでとは違うライフスタイルになった方も

いらっしゃるのではないでしょうか?






たとえば、afterコロナの働き方の代表格のリモートワーク。

快適な環境で家でお仕事をするためには

すてきな家具なども欲しくなります😊

ちょっとした空間でも新しいスペースというのは

ワクワクするものです。



家族のコミュニケーションが取りやすいというメリットから

大空間のリビングやオープンな間取りが多くなっています。


でもひとりで仕事や趣味に没頭できる空間もあれば

さらにお家が居心地よくなります。



パナソニックさんからこんな商品も!(^○^)


約1平米の半個室空間を作れる組立簡単デスク「KOMORU(コモル)」















日々変化する暮らしのニーズに合わせた商品ですね!


思いがけないライフスタイルの変化に対応できるような

フレキシブルなものっていいですよね。



お気に入り家具や小物を飾るだけでも気分が上がります。


クリスマスの飾りも欲しくなります💛


例年より飾りを楽しむのも良いと思います。



























観葉植物などの緑を増やしたり、やったことのないDIYをしてみたり。


部屋の模様替えもリフレッシュになりますね。

大がかりではないちょっとしたリフォームとして、壁紙の貼替など

自分で張り替えられるキットも売っています。


さらにお家に愛着がわき、

居心地の良い空間になると思います!(^^)!





ウィズコロナで自宅で過ごす時間が増えてきたので

お家のメンテナンスも含め、お家時間を楽しいものにしていきたいですね☆



\\高橋工務店からおしらせ//

12/6(日)構造見学会を開催致します!!

完成すると見えなくなるお家のなかみを

見学できるこの機会にぜひお確かめください!

(場所:呉市広古新開)






















2020年11月17日火曜日

上棟しました!!◇呉市 注文住宅

 秋晴れの気持ちの良い気候の中


めでたく上棟致しました。


S様、おめでとうございます!(^^)!

























上棟の様子は見ていてあきません。


さらに晴天。空を見ているだけで幸せです♪


みごとなクレーンさばき、大工さんの手際の良さ、段取りもスムーズにすすみ


順調に作業が進みました。


やはり作業は段取りが命。


この日は屋根仕舞いをし、工事完了です。















休憩には飲み物やおやつ、お昼には美味しいお弁当を頂きました。

お心遣いに感謝です!!



いそがしいご夫婦のための、家事楽動線のお家です。

スキップフロアや家事室も設けました(^O^)/


S様の想いが詰まったこだわりのお家。


とても楽しみです。


これから木工事にはいります。


ひとつひとつ丁寧な工事を行い、満足して頂ける建物を


大工さん、協力業者の方々とともに作っていきたいなと思います。


S様、今後ともどうぞよろしくお願い致します!(^^)!

2020年11月14日土曜日

「風と光」を考えて取り込む家~地域の暮らしを楽しむ住まいのアイデア~

瀬戸内海の真ん中、芸予諸島に浮かぶ大崎上島は、瀬戸内海独特の温暖少雨で過ごしやすい気候の島です。この地に住まいを構えるM様夫婦は、そろって島のご出身。元々住んでいたアパートが老朽化し、不具合が生じてきたため、ご主人の両親が所有されていた土地に現在の家を建てました。

家づくりにおいて、まずお2人が希望されたことは「風通しが良いことと、昼間は照明を付けなくても過ごせるくらい明るい家」。風と光を心地良く取り込む調整をし、四季を感じることができるプランニングを行いました。

家全体に風の通り道をつくる上で最も重要なのは窓の位置。LDKのある南側の窓から入り込んだ風が室内を通り北側に抜けるよう、子ども部屋スペース、寝室に窓を設け、西側には弱い風でも効率よく取り込むことができるように縦滑り出し窓を採用しました。また、生活の中心となるLDKが2階にあるM様邸では、立体通風を計画することも重要。1階からの風は階段を通り2階に、そして吹き抜けを通りロフトに抜けるようにして、より快適な住まいが実現。ロフトへの風の通り道をつくることで、夏のムワッとした温かな空気を逃がす役割も果たしてくれます。


床はパイン材、梁にはマツを採用。塗料はドイツ製の自然塗料を手塗りして丁寧に仕上げられた空間

吹き抜けを設けることでロフトに抜ける家全体の風の流れを確保。高気密高断熱なので冬の寒さの心配もない

子ども部屋の北側に設けた窓。LDKのある南側からの風を通す

風向きに合わせて縦滑り出し窓を採用。開けた窓ガラスがウインドキャッチャーの役割を果たし、外の風を室内に誘導して風の流れをつくり出してくれる

<風の流れを記したM 様邸の間取り図>

【ほんわかした光が差し込む技ありの採光を叶えた空間】

南側にバルコニーを設けて掃き出し窓からの採光を確保し、LDKを明るく温かい空間に。季節ごとに適切な日の光を取り込めるよう、また直射日光を避けるため、庇は長めに、角度も綿密に計算したものを設置

 

夏は風通しが良く快適で、冷房は特に暑い日かお客様がいらっしゃったときにしか使用しないというM様邸。冬の住み心地はというと……夏以上に快適さを感じているそう。

寒くなる11月頃から3月頃までのM様邸の暖房機器の使用サイクルは、基本はこたつで暖を取り、家族が学校や職場から帰ってきてLDKに集う18時頃から20時頃までの2時間だけストーブをたく。これだけで冬場の室温が1日平均13℃を下回ったことがないと言うから驚きです。温かい空気は上に昇っていくので、子どもたちの寝室としているロフトが自然と暖まります。「夜、子どもたちが寝静まって様子を見に行くと、真冬で暖房も使用していないのに、掛け布団をはいで寝ているんです(笑)」と奥様。

まず、基本的に断熱・気密性能が高いということ。そして、昼間に冬場の低い太陽の日差し(熱)をしっかりと取り込めるよう、庇の長さと角度を考慮した設計がなされていることで、温かく快適な空間が実現できるのです。太陽の日差しの取り込み方に関するポイントはもう1つあります。それは、熱としてではなく〝光〟としての取り込み方。南側のバルコニーに延びた長い庇が、直射日光の侵入を遮り、季節ごとに程良い場所で光を溜めて「ほんわかした心地良い光」を間接的に室内へ届けてくれます。明るい室内にしようと思って日の光を入れても、まぶしくてカーテンを閉めてしまってはもともこもありません。また、直射日光は目を疲れさせ、ストレスの原因にもなるので、防ぐべきです。

合わせて照明計画もしっかりと行いました。家全体を明るく照らすのではなく、「仕事・家事をする光」「安らぐ光」「主役・脇役の照明」など、暮らし方に合わせて適材適所に照明を配置。照明機器はほとんどを奥様が購入したお施主様支給でコーディネート。将来のことも考えて可変性を持たせた子ども部屋の照明にはダクトレールを採用し、照明の位置を部屋の間取りに合わせて簡単に変更できるようにとの配慮もなされています。


ロフトへは梯子ではなく奥様の希望で階段を設置。階段にしたことで、ロフトへの昇降が楽にできるので子どもたちの遊び場や寝室として利用するなど、日常での使い方の幅が広がった。この縦長の空間に階段を設置しても圧迫感がないのは、北側に設けた空間に窓が抜け感をもたらしてくれているため

階段下には収納を造作。収納したいものに合わせてつくられた、大小さまざまな箱の組み合わせは大工のなせる業

空間の脇役となる照明でもデザインは個性的なものを採用し、インテリアとしても楽しむ

【庇を生かして太陽の光とうまく付き合う家】
美容院も併設しているM様邸。外壁はモルタルに耐候性・耐久性に優れたソフトロールを塗装。光(熱)の反射も考えて明るい色を採用している

島内に建つM様邸。外観は海から吹く風による塩害を考慮した素材選びを行いました。特に屋根は、これから何十年と住み続けていく上で、なるべくメンテナンスによるランニングコストがかからないようにと、山陰・石州が産地の対候性が高い瓦を使用。高い焼成温度で仕上げられたこの地方の瓦は、塩害に強いのが特徴です。

「家づくりは本当に楽しかった」という奥様。その思いが特に現れているのが、作家活動もされている奥様のアトリエ(ミシン室)。玄関を入ってすぐの1階に設けられたその部屋でミシンに向かうと、目の前には可愛い小窓が。これは作業中でも外から帰ってきた子どもたちの顔を見て「お帰り」と言ってあげられるようにと、奥様のアイデアで設置したもの。建具の塗装も奥様のDIY。その他にも家の中のいたる所に、夫婦でDIYした家具があふれ、住まいを育みながら、暮らしを楽しんでいる様子が印象的でした。


<こだわりが詰まったアトリエは生活を豊かに>
作業スペースの上には主役となるインダストリアルな照明が雰囲気を醸す。床はヘリンボーンにするなど、空間へのこだわりが随所に。

 


木製の窓枠は奥様がイベントで見つけて購入したもの。それに合わせて大工が窓を施工した日々の何気ない動作を快適にする高さと配置

照明のスイッチは毎日触る場所。通常の住宅では床からの高さを1,100~1,200mmの位置に設置していますが、手を上げる動作を軽減する1,000mmの高さにしました。また、掃除機での家事の負担を少しでも減らせるようにと、コンセントの場所を空間ごとに確保し、その高さは通常床から200mmのところを400mmと少し高めに設置。下に屈む負担を軽減しています。