ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2016年6月4日土曜日

ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)元年



今年(平成28年度)はZEH元年と言われています。

国としても、地球温暖化対策の一環として住宅に関しては下図のような目標をを掲げています。

 
 
ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)のイメージ
 
 
高橋工務店としては、注文新築住宅のZEHの普及に向けて、
以下のように進めて参ります。
 
【年度毎のZEH受託率】
 
平成28年度(2016年度)・・・・・10%
平成29年度(2017年度)・・・・・20%
平成30年度(2018年度)・・・・・30%
平成31年度(2019年度)・・・・・40%
平成32年度(2020年度)・・・・・50%
 
上記のように2016年のZEH元年から始まり、2020年(平成32年)にはZEH受託率を50%以上の目標にしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月27日金曜日

広島にアメリカの大統領がやって来た。


今日は広島にアメリカの大統領がやって来た。
ホントに嬉しい、歴史に残る日になったのではないかと思います。
個人的には原爆資料館の滞在時間が短かったのと、原爆ドームの側まで行ってくれなかったのは物足りない気はしましたが、所感を述べるどころか予定の時間を大幅に超える演説になっていたし内容も良かったと思います。
ちなみに交通規制で信号は赤のままで、車の上部しか見えませんが通過する車両は全てオバマ大統領の車を護衛する関係車両です。
直接見ることは出来ませんでしたが、いろんな偶然が重なって、ここに居れただけでも感動してしまいました。





2016年5月17日火曜日

NHKの取材を受けました。

今日はLIXIL主催の「GoodLivingフォーラム2016」に参加してきました。

高性能住宅を造る上で最も重要な窓についての発表会と

建築家伊礼 智さんのお話がありました。


その中で、NHKの「おあよう日本」という朝の番組の取材を受けました。

取材を受けるというお話は聞いていましたが、

内容についてはブッツケ本番でした。

聞かれたことに答えるだけですが、

逆に緊張しなくてよかったので私にはブッツケ本番で丁度よかったかも知れません!!

でも、いい経験にはなったと思います。

カットされているかも知れませんが、放送は20日の午前7時台だそうです。

どんな風に映っているか、ドキドキですがお時間のある方は、

ご覧になってみて下さい。






2016年5月14日土曜日

OPEN HOUSE


また、いろいろごだわりのお家ができました。
今日と明日で見学会やってますのでお時間のある方は是非お越しください。



















2016年4月24日日曜日

失敗しない家づくりセミナー「知らないと損する住宅ローンのしくみ」

失敗しない家づくりセミナー
今回は「知らないと損する住宅ローンのしくみ」という内容で開催いたしました。

これから、家づくりをされる方にとって、お金のことは最も不安なひとつだと思います。

そんな不安を払拭して楽しく家づくりをして、安心して返済をするために

不定期ではございますが開催しております。





住宅ローンを借りる上での考え方のポイントとして少しだけ紹介します。

1、家賃とローンを比較してはいけません。

2、借りれる金額と返せる金額は全く別物です。
  
3、固定金利と変動金利はどっちがお得!



などなど、ほんの触りですが個別でもセミナーやご相談もお請けしますので、

お気軽にご相談してみてください。

きっとお役に立てる内容になっております。








2016年4月17日日曜日

5対1


今日は、奥様と娘が3人+姪っ子1歳7ヶ月がお泊まりに来てるので、女5対男1。

姪っ子が環境が違うからか、なかなか寝てくれません(≧∇≦)

やっぱり子供は可愛いので、賑やかなのはいいですね(^_^)

しかし、この歳で1人でお泊まり出来るってすごくないですか。












2016年4月15日金曜日

お見舞い申し上げます。


この度の熊本地震で被害にあわれた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

お亡くなりになられた方々には心よりお悔やみを申し上げます。

また、現在も不安な気持ちでお過ごしの皆さまには、謹んでお見舞いを申し上げます。

被災地が一刻も早く復旧しますように、心からお祈り申し上げます。



九州では震度7を超える地震は初めてだそうですが、広島でもこのぐらいの規模の地震は100年以上来ていません。



人が住む家を造る者として改めて丈夫な家づくりは大切ですし、省エネも含めて質の高い家族が安心して暮らせる家を、これからも造っていきたいと思います。