ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2017年2月26日日曜日

セミナーへのご来場ありがとうございました。


先週に続いて本日2回目の瀬戸内良質住宅研究会レモンの家の会とFP相談室広島店の合同セミナーが終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございます。
ご来場いただきました、これからいえづくりをされえるお客様には、必ずお役にたてる内容になっていると思っております。



今後も不定期ではございますが、こういったセミナーやイベントを開催していきたいと思います。

2017年2月16日木曜日

住宅医スクール終了

久々のブログになりました。
 
今日は、昨年の6月から8回にわたって通ってきました『住宅医スクール』が終了し発表と検定会がありました。
 
 
 
 
住宅医は住まいのインスペクション(調査)を行うための学校みたいな感じですが、具体的な改修方法や詳細な調査方法を習得することが出来ます。

劣化の対策、シロアリや構造、温熱(断熱)、防火など
普段は分業で専門に任せるところなども少し入り込んで勉強出来ました。
たくさんの学びもございましたが、『残すことはつくること』この言葉がとても心に残りました。
 
これかも、ここで学んだことを生かし、住む人のいろんな環境を踏まえて家づくりに生かして行きたいと思います。
 
審査員さんの必要な突っ込みで、ヒートアップする場面もありましたが、
とても有意義な時間になりました。
 
検定の結果はまだわかりませんが、楽しみに待っていたいと思います。
 
ちなみに表示されている資料は10月に見学会をさせていただいた焼山西の古民家で、広島市の住まいづくりコンクールで優秀賞をいただくことが出来ました(^.^)
来月、表彰式がありますので、また報告いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2017年2月10日金曜日

急募! 呉の注文住宅 高橋工務店は仲間を募集します

「一棟一棟、一人一人の想いやこだわりを汲み取り、それを形にしていく」

高橋工務店ではこの度、スタッフを募集させて頂きます。 
 
事務・プラン提案・コーディネーターに
興味がある方。勉強したい方。

一緒に働いてみませんか。 
 
創業以来、私たち地元工務店が目指す家づくりを自問自答して参りました。
私が出した答えは、地域密着で大量生産ではない
「丁寧な仕事、手間をかける家づくり」でした。

住宅は重要な資産であると同時に、「安全で安心できる、健康を考えた家づくり」
が一番だと思っています。

ぜひ、一緒にお仕事をしましょう。
 
経験者、資格取得者は優遇しますが、未経験の方も大丈夫です。

詳しくは 0823-34-5585  採用担当  高橋 正人
までご連絡下さい。 
 
本物の家づくりを通して、お客様をあふれる笑顔にしたい。
お客様に喜んで頂くことが自分の喜びとして感じられる
そんな方を求めています。



2017年1月1日日曜日

2017 あけましておめでとうございます。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、そしてたくさんの出会いに本当に感謝しております。

今年もたくさん、どんな出会いがあるかとワクワクしています。

本年も皆様にとって幸多い一年になりますよう心からお祈り申し上げます。

そして、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


2016年12月6日火曜日

『住んで4年目のお家の見学会』を開催しました。

先日の日曜日『住んで4年目のお家の見学会』ということで、
 
東広島市のOB施主様のお宅に、これから家づくりをされる方を
 
お連れして見学会を開催させていただきました。
 
初めての試みで、どうなることやらとチョットだけ心配ではありましたが、
 
なんの心配も要らなかったです。
 
まずはイーストバウンド1906にお集まりいただいて、
ちょこっとだけセミナーみたいな、これから家づくりをされる方向けのお話をさせていただきました。
 
その後、バスで移動!!
玄関は、こんな常態に・・・
子供たちはすぐにおもちゃで遊んだり・・・
大人たちはこんな感じでお家をご覧いただいて、OB施主様とも打ち解けて
私たちスタッフは特に何もしなくても大丈夫でした。
その代わりOB施主様は質問攻め・・・!!
ご主人は熱弁していただいて・・・
(特に打合せは何もしてないですが・・・)
改めて思いましたがOB施主様は高橋工務店にとって最高の営業マンなのかも・・・(^▽^)
 
折角の休日に、ご協力いただきましたO様ご家族の皆さま本当にありがとうございました。
お陰様でご参加いただいた皆さまとの距離が縮んだような気がします。
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 

2016年11月27日日曜日

ご来場ありがとうございました。

本日は府中町で構造見学会でした。

足元の悪い中ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

そして、ご協力いただきましたN様ありがとうございました(^_^)

今日の構造見学会では、見えなくなる部分をご覧いただくだけでなく、

耐震、制震、断熱、気密の性能も体感していただける内容となっておりました。



ヒノキを使った構造は実物をご覧いただけるので、
写真の模型などは触ってもらえる展示物です

写真は普段、私が築20年の事務所の机の下に置いて使っているセラミックヒーターになります。
これで、足元だけを暖めています。
しかし、今日はこれを熱源にして構造見学会を開催しました。
 
時計は合ってませんが午前9時ぐらいの建物内と外の気温になります。
私の築20年のお家では考えられない状態になっていますが、
数字で見てもこの家の断熱と気密の性能を、お分かりいただけると思います。
 
が、ご来場いただいた方々には、そこに居ることが事実なので、
こういった、高性能住宅をお客様にお伝えするのは、口で説明するよりも伝えやすい季節になってきました。
 
 
 
 
 
 

2016年11月17日木曜日

昨日は研修でした。【防火性能の改善と対策】

昨日は、一日研修でした。
特に参考になったのは、防火性能の改善と対策でした。
 
災害の中でも地震とか台風の被害も勿論大変ですし、ほとんどの人が経験したことがあると思いますが、
考えてみると火事を経験されている方はほとんど居ないかと思います。
勿論、私もありません。
今回のセミナーの中の一つに火事について学びました。
今までは、防火については建築基準法で定められているから、それを守って来ましたが、今回、このセミナーに参加して建築基準法があるから対策をするのではなく、
 
なぜ、対策をするのか?
何の為にするのか?
今、やっていることが何に役にたつのか・・・
と言うことが分かれば、なぜ建築基準法がそうなっているのかも理解出来てきました。
 
火事や防火の性能について、知らないことが多く、とても今後の家づくりにおいて良いきっかけを与えて頂いたように思います。

講師の安井さんは早稲田大学で研究員もされている方で話も聞きやすく面白かったです。

下の写真はVTRを撮った物ですが実験の為に造られた木造の学校だそうです。
一時間半で倒壊しました。



下は少し規模は小さいですが、2時間を過ぎても倒壊しませんでした。
この2つの建物の大きな違いは内装の使い方にあります。
一言で木造だから家事に弱いと言うことではありません。

火災で直接の死亡の原因は焼死とは限りません。
一酸化炭素中毒ですでに死んでいる場合が多くあります。
 
ここですべてを語ることは出来ませんが、火災が広がるスピードを遅くすれば人は逃げられると言うことです。
なので、建築士の役割は大きいということが良く分かりました。