ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2018年2月10日土曜日

SW工法の家って?!~耐震編part2!!~◇呉市 工務店 デザイン住宅

こんにちは!(^^)!

事務の中内です。
 
 
今日は、お馴染み
 
SW工法の家って~耐震編part2!!~
 
です\(^o^)/
 
 
 
耐震編part1では
 
いずれくる地震に備えて
 
可能な限り
 
耐震等級3の家を建てた方が
 
よいのでは?!
 
というお話でした!
 
 
今日はSW工法の家が
 
どのようにして
 
耐震性を高めているか!!です。
 
 
住宅の耐震性能を高めるためには
 
耐力壁というものを
 
バランスよく配置することが
 
大事らしいです(ー_ー)!!




SW工法の家は

壁面にSWパネルというものを

使用していて、
 
頑固な箱型を構成する

高耐震のモノコック構造で

建てられています!

 


台風や地震などの

外から加わる力が

接合部などに集中しにくくなっていて

建物全体に、その力が分散するため

ひずみやくるいに

強さを発揮してくれるんです!(^^)!



そして、このモノコックにプラスして

高性能スーパーウォールパネルというものを

必要な部分に使用します!


 
この高性能スーパーウォールパネルとは
 
構造用合板OSBと断熱材を
 
一体化しているもので
 
建築基準法で
 
木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」
 
を実現している凄いパネルなんです(@_@;)!!
 
しかも、国土交通大臣認定を
 
きちんと取得しているそうですよ♪
 
(ちなみに壁倍率っていうのは
 
耐力の強度をあらわす数値のことです(^^)
 
 


基本パネル(壁倍率2.5倍)と

高性能スーパーウォールパネル(壁倍率5倍)を

組み合わせることで
 
効率良く耐力壁を配置することが
 
可能になるそうなんです(ー_ー)!!

 
 
 
一般の家の壁と比べても
 
壊れにくいことが
 
耐力試験で確認されているそうなんですが

納得ですよね(/・ω・)/

 
 
また、耐震だけじゃなくって
 
地震の揺れを最小限に抑える
 
制震仕様のパネルもあるようで
 
大きな地震、繰り返し起こる余震からも
 
家族の命+大切な財産も
 
しっかり守っていけるよう
 
考えられているようです(;_;)♡
 
 
 ありがたや、ありがたや( ;∀;)♡


 
 
 
そして、まだまだ嬉しい情報が♡
 
スーパーウォールの家では
 
万が一地震の揺れが原因で建てた住宅が
 
全壊した場合
 
建て替え費用の一部を
 
最高2000万円まで負担する
 
耐震補償もついているんです(ー_ー)!!
 
(ただし、この補償は

オプションになるので
 
詳しくお話を聞きたい方は、

お打合せの際などに
 
お問い合わせくださいね♡)

 
 
ですが、この20年間
 
幾度となく襲ってきた
 
大震災で全壊したスーパーウォールの家は
 
0!!!
 
 
 
ちょっと難しい話も混ざりましたが
 
とにかくSW工法の家って
 
なんか魅力的かも・・・
 
と思っていただけましたか(^^)?

思っていただけたはず!!


 
 
もし、ご興味がある方は
 
高橋工務店に足を運ばれて
 
美味しいお茶でも
 
飲みながら
 
お家づくりについて
 
お話してみませんか(^^)?


 
 
お気軽にお問合せくださいね(*^_^*)
 


 
 
次回のSW工法の家って?!シリーズも
 
お楽しみに\(^o^)/