ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2021年11月12日金曜日

窓の結露を減らす工夫 ◇呉市 東広島市 江田島市 注文住宅

冬になると憂鬱になる『窓の結露」


結露は自然現象なので、100%防ぐことは難しいです。













結露の原因は温度の変化と水蒸気量が密接に関係しています。


暖かい空気の飽和水蒸気量(空気が含むことのできる水蒸気の量)と

低い温度の飽和水蒸気量は異なります。


低い温度の飽和水蒸気量の方が低いため、

飽和水蒸気量を超えたら水滴になるので、結露する

という事です。


暖かい空気がガラスで冷やされて、冷えたコップに水滴がつくような

原理で窓にも結露が生じます。













外は空気が冷たく、部屋は暖かくして洗濯物も室内干しで加湿器もして…

そういった環境は、窓ガラスが結露しますね。



寝室の窓が結露する場合、子供が小さいときは家族みんなで寝るので

子供の体温やなんやで意外と結構湿度が上がっています。

空気が乾燥して加湿が必要な時期ですが、しすぎるのも良くないようです。

 

湿気が溜まらないように換気が必須です!



 

私たちができる工夫としては、


こまめな換気、温度・湿度の調整 です。




窓ガラスとカーテンの間の空気も循環するようにすることも大切です。


カーテンの下を少しあけるなど閉め切らないのも換気になっていいかなと思います。




最近はガラスやサッシの断熱性能が良くなっていますが、


おうちによって生活スタイルや間取りや家族の暮らしも異なりますので、


色々試して、それぞれの対策を見つけていくのが良いですね。




高橋工務店の家は、気密・断熱を高めることで


温度差の少ない室内環境をつくります。


断熱性能の高い窓サッシを使用して窓の結露対策を行い、


適切な計画換気によって各部屋の用途に応じた


換気設計をさせて頂きます!




高橋工務店の家づくりについてもお気軽にお問い合わせください(^^♪