ブログ
ホーム > ブログ
ブログ

2019年12月24日火曜日

気密測定を行いました~ ◇呉市 工務店 注文住宅

おはようございます。

あおのです。

最近の現場の様子です。


先日、気密測定が行われました!!(^^)!

このような

気密測定器を設置します。




じゃ~~ん!





















住宅の気密測定とは、ものすごくおおざっぱに言えば、

住宅にどれだけ「管理されていない隙間」

が空いているかを調べることです。

昔の住宅なんかだとコンセント回りから

すきま風が入ってきたりということがありますよね。


隙間の空き具合を調べるのが気密測定です。



写真のような大きなバズーカみたいな装置を覗くと

中に大きな扇風機のようなファンが付いていて、

建物内の空気を外に排気し、

室内の気圧を測定します。



















隙間の多い家なら、ファンで排気しても

隙間からすぐに外気が入ってくるので、

室内の気圧に大きな変化はありません。

それに比べ、気密住宅は小さな隙間しか空いていないので

排気すると室内側の気圧が低くなります。

この関係を利用して「隙間の面積」を計算しています。(C値)

気密性能を高くするためには、

気密性を上げる仕様


現場の職人さんの真面目な作業

が必須です!





こういった隙間を埋めたり細かい仕事です。















現場の職人さんにとっても数値はちょっと気になるところ・・・

気密測定の数値は、ノウハウと手間を惜しまず作業して頂いた結果です!

現場の皆様、いつも丁寧なお仕事お疲れ様です!!m(__)m


完成が楽しみです(*^^*)